[PG151]Teambox TAO for Wellbeing 〜自分らしい女性リーダーの力がチームの成果を引き出す〜

■開催日時

2024年3月23日(土) 20:00~21:00 

■接続先

https://share.hsforms.com/1Yuxnh_81QvadzQb-e691PQdupee

上記URLから申込登録をお願いいたします。ご登録メールアドレスに視聴URLが自動送信されます。

■概要

【ウェビナー】Teambox TAO for Wellbeing  自分らしい女性リーダーの力がチームの成果を引き出す〜

自身が決めた「道」で自身を磨き高め、自らWell-being になる。

日本はジェンダーギャップ指数が116位(2022年)と、先進国で最低ランクです。国際社会においても、「日本は女性活躍推進が進んでいない国」として認識されています。多様化する社会においては、これまでとは違った切り口で物事を決めていく必要があり意思決定の場に女性の存在は不可欠です。とはいえ日本の組織では、自分から手を挙げない限り、意思決定の場に女性が入ることは難しいのが現状です。だからこそ、まずは一人でも多く女性リーダー自ら手を挙げ、踏み込んでいくことが必要です。一人でも、自ら踏み込み活躍するリーダーが増えれば、その姿に勇気づけられ、「私も」と行動するリーダーが増えていく循環ができていくはずです。

そうした社会や組織の前提や変化を恐れず、従来の常識にとらわれない発想を打ち出し、関わるステークホルダーに自身の言葉で語りかけて、しなやかで強いリーダーシップを発揮してチームを動かし結果を残す。そして、本来の自分らしいスタイル(=自分らしさ)を大切に、まずはリーダー自身がWell -beingな状態で、生き生きと活躍し自身が決めた「道(TAO)」を進む女性を育成するためのポイントについて、本ウェビナーでお伝えします。

※セミナー当日は録画・録音を行います。後日チームボックスホームページにてアーカイブ配信予定です。

■登壇者

EVOL株式会社 代表取締役CEO 前野マドカ 氏

EVOL株式会社代表取締役CEO。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科付属SDM研究所ヒューマンシステムデザイン研究室研究員。国際ポジティブ心理学協会会員。サンフランシスコ大学、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)、子育てのヴィジョンを考える会などを経て現職。PTA活動では、全国PTA連絡協議会会長賞受賞。著書に『ニコイチ幸福学』『月曜日が楽しくなる幸せスイッチ』など。

株式会社チームボックス 取締役 瀬田 千恵子

立教大学大学院 経営学研究科 リーダーシップ開発コース修了。専門の研究分野はリーダーシップ。
ANAでの旅客サービス、国内外での人事経験を経て、大手人材会社に入社。人材サービスの営業、新規事業の
企画・立案に従事。外資系消費財メーカーでのHRアシスタントマネージャーを経て、株式会社 チームボックスに参画し現職。自己確立のプログラムをベースとしたコーチ養成学校「Style Coaching Academy」を運営。ICC国際コーチング連盟認定コーチ。

■主催

株式会社チームボックス

■参考

https://corp.teambox.co.jp/

上部へスクロール